一心通巌 古材・古建具を利用した木工房

z01.png

解体現場からでた木製建具の「組子障子」を再利用し机を製作。天板には5mmのガラスを組み込み縁を囲む枠材は「天然秋田杉」を昔からの技法「うずくり」で仕上げてあります。販売済

z03.png

古民家再生の家より出てきた思い出の品。玄関でお客様をお迎えする飾。炬燵やぐらに乗せられているのは薬箱、隣には床下から出てきた鏝式のアイロン。照明は現代のものを利用当時のものを磨いたり、補強し製作したものです。


z02.png

高崎市の保育園さんより依頼されたベンチと丸太テーブル。庭に植えられていたヒマラヤスギ、訳あって伐採することになり、何かに使えないかと製作させていただいた作品です。伐採後3年ほど放置し製材後作りました。

z04.png

古民家から建て替えのかたより何かに使ってくれと頂いた古民家の階段を利用した飾り棚。お店のディスプレイなどにいかがでしょうか?取りに来られるかたがいれば無料で差し上げます。


画像の説明


工房名 「一心通巌」とは?

確固たる信念と心があれば何でもできるたとえ。
大工道具の鉋刃に刻まれた言葉から名をとりました。当工房では、古材や古建具、古民具などの利用した木工品を中心に自社にて製作し販売しております。材料持込もご相談に応じ製作いたします。


z05.png

z06.png

z07.png

z08.png

z09.png

古民家を所有していた方より、解体し処分されていくのは忍びないので何かに使って生かしてほしいと依頼いただきました。
長年風雪に耐え抜いた小屋を支えた梁を製材し組んだ飾り棚。当時の大工さんの痕跡をそのままに、あえてほぞ穴や栓の痕を残してあります。

z11.png

左官材料(塗り壁)
「珪藻土」を使った額縁左官アート
現場で余った材料で製作。わらすさを入り

古材の利用について

現在古民家をお持ちでそこで使われている柱や梁を新築建物に飾りとして組み込めないか?
又は、それを利用して何か家具や建具ができないか?ご相談承ります。「もったいない」