画像の説明

伝統の技術、素材で次世代につなげる

「ぐんまの木」を使った家造りをおすすめしております。
近くの山で育ったその地域の風土にあった木材を使うことで、森林を守り育て、地球の温暖化を防ぐことができます。昔から「家は裏山で取れた木で建てろ!」と言われている通り、同じ環境で育った木を使うことで建物の耐久性も違ってきます。また、県産材を使うことで、地元の林業の活性化につながり、植林が進み二酸化炭素を吸収する木の量も安定して保たれます。間伐も進み森林環境、延いては将来の生活環境も良くなっていきます。
未来の住環境、未来の子供達のために・・・・。

ぐんま優良木造住宅建設業者登録 第208号

画像の説明

受け継がれる家 主役はお子様です!

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明