古民家の再生を御考えの方に一言!

安く、早くをお考えであれば

この言葉は古民家の再生には当てはまりません。

「良いものを造る」「良い建物を手に入れる」

それにはそれなりの時間と費用が掛かります。

現在の日本の建物や街並みが貧しいのは

安く、早くだけを目指した結果なのです。



民家再生への思い 活かす技術の伝承

日本の伝統・文化でもある日本の古い民家、その中には住んでいる人の思い
建てた人の思いが凝縮され刻まれています。

先人の心と技を次世代に残したい今日も解体されていく古い民家家造りをさ
せてもらっている者として何か出来ることはないか・・・

それは一軒でも多くの民家の再生を手がけさせてもらうこと
そして思いを語り伝えること・・・

かつて暮らしていた人やそこに住み続ける人の思い、そして関わった職人の心
様々な思いを痕跡として残しながら現代の生活に適合した快適な暮らしを造るのが
私たち(有)福島建業の古民家再生工事です。

画像の説明

古民家鑑定のすすめ

画像の説明

  • 古民家を所有しているが、解体するか改装するか悩んでいる…
  • 購入・住み替えを計画しているが、建物の耐久性や手直しをする部分がどこなのかを知りたい…
  • 古民家を売却したいのだが、いくらで売却するのがいいのか相談したい…

古民家の鑑定をすることによって、このような疑問の答えがはっきり見えてきます。
従来、建物販売をする際は固定資産税観点からの評価を行いますが、一律の計算式に当てはめられるだけで、古民家の価値が分かりません。

古民家鑑定を行いますと、移築や再生をするに値するか。再生して住むことができるのか
その古民家の部材を再活用して新築住宅などに使用することが可能かあるいは再活用すべきではないか…などの判別が行えます。
また、その建物を売却する際の、古民家の文化的価値や建物の耐久性を元にした販売価格の目安を鑑定することができます。


一般社団法人 群馬県古民家再生協会会員

古民家鑑定士1級資格保有

確かな技術・専門知識で皆様を笑顔に


古民家鑑定は「宅地建物取引業法第34条の2第2項」及び、不動産の鑑定評価に関する法律に基づく不動産鑑定評価ではありません。古民家のリユース促進のために定めた判断基準に沿って価値を表したものです。
未来の子供たちのために、ひとつでも多くの文化的遺産である古民家の保全、及び耐久性の確保に貢献するための活動だと考えております。

※古民家鑑定に関しての費用は全国一律3万円(1物件)となっております。
上記の鑑定を行うのが古民家鑑定士なのです。

『古民家鑑定士の定義』

古民家鑑定士とはその名称において、古い家屋の保存、活用、再利用を目的に建築的見地及び環境保全の見地に立ちユーザーに適切なアドバイスを専門な知識と技術を行える能力を有するものであり、厚生労働省認可財団法人職業技術振興会に備える古民家鑑定士名簿に登録を受けたものを言います。