古い家(古民家)を所有している方

古材の活用

解体の前に…

解体をお任せされた古い建物の中には、まだまだ使っていける建物も多くあります。
移築や再生が無理でも古材を構造材や装飾材に再利用することは可能です。
解体の前に、解体せずに活用する方法もご検討いただければと思います。

新築に古材…
リフォームに古材…
柱や梁に限らず建具や金物など古い建物には宝物が一杯です。


画像の説明

古民家を持っていないが古材利用に興味のある方も、古材市場より取り寄せ可能ですので御相談下さい。また、信頼できる新材を古材風に見せることも出来ます。

画像の説明




古材とは?

古民家の一応の定義が築60年以前の伝統的工法で建てられた家とするならば、それらから出木された材木の事。(今現在、少なくとも60年以上建物に使われていて何ら姿を変える事無く納まっている事で結果が出ています。)

信頼できる新材とは?

今、古材として流通している材料を見れば解るように国産の無垢・大径木の天然乾燥され管理されている材料。

画像の説明